選ぶときのポイント

園芸

素敵な庭作りに欠かせないものの一つが苗木です。草木や花が発芽して間もないときは苗と呼ばれています。とくに、樹木や大きな観葉植物の苗は苗木と呼ばれているのです。庭木を育てたい場合、四季折々の季節を感じたいという人は庭に元気な苗木を植えましょう。また、子どもが生まれたときに記念樹として苗木を植える人もいます。そんな庭を彩ってくれる苗木はどういうものを選ぶといいのでしょうか。まず、選び方のポイントの一つとして枝葉の数が多いことです。そして、苗木の背丈と幹のバランスがよいものを選びましょう。葉や枝の数が少ないものや背丈と幹のバランスが悪いものは、あまりいい環境で育てられていないことがあります。そのため、これから育てる上でなかなか成長しなかったり枯れてしまう場合が多いのです。次に、下枝がある苗木もいいものだといえます。下枝があることで全体に安定感が生まれるのです。また、不自然さも少なくなるでしょう。見た目がいいことで庭を美しく彩ってくれるのです。枝や幹に傷や穴が空いているものは避けるようにしましょう。苗木を売る業者の多くは愛情をかけて育てているのでそういったものが少ないのですが、生産性を考えている場合にはこういうこともあるます。穴が空いていると虫が湧いてしまう危険性もあるのでそういった苗木は選ばないほうがいいのです。苗木を選ぶポイントを造園業者に聞いてもいいでしょう。プロなら育てやすい苗木を教えてくれます。