しつこい雑草を抑える

園芸用品

庭の手入れで大変な作業といえば雑草を除去することでしょう。どんなに抜いても生えてくる厄介な雑草の除去はとても手間のかかる作業です。夏の炎天下で草むしりをして疲れてしまう人もいるでしょう。綺麗な花だけを植えたはずなのに、知らないうちに雑草まで伸びていたなんていうこともよくある話です。雑草は土のある場所であればどこにでも生えてくるのです。種も撒いていないのにどこからやってくるのでしょうか。雑草の種は、元々土の中にある場合と外から運ばれてくる場合があります。土の中にすでに種がある場合、日当たりがよくなることや必要な水分や湿度などの条件が整うことで発芽してしまいます。そして外部からは運ばれる場合は、風や雨、人や鳥、その他昆虫などによって運ばれるのです。そういった雑草の種はときとして、土の中で2年や3年という長い年月を生き延びます。そのため、一度除草してもしつこく生え続けるのです。また、地面の下は敷地の外ともつながっています。そのため、根を伸ばした雑草から発芽することもあるのです。効果的に雑草を減らすためには枯らすという方法が一番でしょう。液体の除草剤は葉っぱから雑草の中に侵入し根を枯らせることができるのです。除草剤は液体のものだけではありません。顆粒タイプの除草剤を使うことで雑草の種にもダメージを与えることができます。また、種なしの果物に用いられる調整剤を使うことで雑草の成長を妨げることができます。専門の業者でどんな対策が行なわれているのか調べてみましょう。